[父子家庭]あーちとパパの2人暮らし

[父子家庭]あーちとパパの2人暮らし

丈夫で元気な子供に育ってほしいと願うシンパパの日常です。

朝ごはんを食べるメリット 1日を元気に過ごすために

f:id:a-chipapa:20170511120923j:plain

朝ごはんを食べる事はとても大切です。お恥ずかしながら、うちには朝ごはんを食べる習慣がありません。私が昔から朝ごはんを食べない事が多いので息子も食べなくなってしまっています。
保育園に登園するギリギリまで寝てます。起きたら着替えてすぐ出発する様な日常ですが朝食をしっかり摂るスタイルに変えたいと思っております。
今回は朝ごはんを食べる事で得られるメリットを紹介します。

朝ごはんを食べるメリット

脳や身体にエネルギーを補給する

脳は夜寝ている時にも活動しています。脳が活動しているという事は体内に蓄積されているエネルギーを使用しているという事です。このエネルギーは夕食に摂ったエネルギーなのですが、寝ている間に使用しているため、朝、目を覚ました時に脳はエネルギー不足になっています。また身体もエネルギーが不足している状態になっています。
エネルギー不足の状態で行動すると体の疲労感やダルさ増し、集中力も低下してしまいます。
朝ごはんを食べる事で不足したエネルギーを補給し、脳や身体が活発になり、仕事や学習能力の向上にがります。

肥満防止になる

朝ごはんを食べると胃腸が活動を始めます。胃腸が活発になると体温が上がります。そのため基礎代謝が上がり太りにくい体質を作れます。
朝ごはんを抜くとお腹が空腹状態でお昼を迎える事になり、体がエネルギーを貯めこもうとして、必要以上に昼食を摂ってしまう事になります。
ダイエットで朝ごはんを抜くのは逆効果になってしまうんですね。

快便に繋がる

朝ごはんを食べる事で腸が活発になり、快便に繋がり、便秘にも効果があります。

体内リズムが整う

人間には1日周期でリズムを刻む「体内時計」という機能があります。これは日中には身体を動かし、夜になると眠くなるといった事が無意識で機能しています。体温の上昇や血圧、ホルモンの分泌などにも影響されます。
朝ごはんを食べる事で身体が朝である事を認識させ、体内のリズムを整えることができます。


まとめ

朝食を摂る事がいかに大切かお分りでしょうか。うちも保育園から「午前中、すごく眠そうでしたよ」何てことを先生から言われた事もあります。息子の身体がまだ起きてなかったのでしょう。集中力にも影響がありますからボーっとして怪我でもされたら大変です。

まずは前日に早く寝かせる。しっかりと睡眠時間を確保し、普段より早く起こす事から始めないといけませんね。
朝ごはんも本来であればご飯やお味噌汁といった物がよいのでようが、始めは果物やヨーグルトなどからでもいいかもしれません。

しっかりと朝ごはんを食べて、元気に1日を過ごしてもらいたいですね。


最後までご覧になっていただきありがとうございます。