[父子家庭]あーちとパパの2人暮らし

[父子家庭]あーちとパパの2人暮らし

丈夫で元気な子供に育ってほしいと願うシンパパの日常です。

父子家庭になってよかったと思える様に ②

f:id:a-chipapa:20170606200735j:plain

①の続きです↓
www.achirabi.com

結婚後の生活

息子の誕生

子供が出来た時、二人で育てていけるか、とても不安になりました。「おろした方が・・」こうも考えました。
今思えば本当にゾっとします。息子に会えなかったかもしれない、考えられません。
でも二人で話して生む事に決めたのです。

子供は12月に生まれました。「1880g」早産でした。
本当に小さい息子でした。初めて会う小さい息子、涙が止まりませんでした。
それと同時に前妻に例えようのない「感謝」の気持ちが湧いてきました。

子育ての生活

育児を前妻に押し付けていたとは思ってません。基本、以前から家事は私がしていました。炊事、洗濯、掃除、息子がきてからさらに拍車が掛かったと思います。
何だってやりました。苦ではありませんでした。家族のために働く事、息子のためにという事が私のモチベーションをあげていました。
休みの日は常に息子と一緒にいる事が一番のストレス解消だったし、夜泣きだって腹立つ事はありませんでした。

この頃前妻がどう思っていたかは分かりませんが、私は幸せでした。

2年目に起きた変化

2年目、児童養護施設に入っていた前妻の息子が施設を出なくてはいけなくなりました。高校を中退する事になったんです。
うちに来る、という事は当初私は反対でした。
しかし、前妻の強い願いで考えさせられました。
私にとっては「連れ子」でも前妻にとっては大切な子供、私が自分の息子を思う様に、前妻にとっては二人の子供に対し同じ思いなんだと。
受け入れる事にしました。
そして4人での生活が始まりました。

苦しくなった生活

4人での生活が始まり、暫らくたつと生活が徐々に苦しくなってきました。
私の当初の考え、生活設計は

私・・・正社員で働く 
前妻・・派遣等で働く 
連れ子・バイト     
息子・・託児所、保育園

息子の送りは私が行い、迎えは前妻か連れ子、全員で働き生活費を確保し、残りを全員で均等分ける。
息子の面倒は私と前妻でみる。
これで貯金も生活費も確保できるし、各々自分のお小遣いも出来る。これでいいと思ってました。
でも出来なかったんです。

連れ子は数カ月でバイトをやめ、収入がなくなりました。
結果、平日は連れ子が息子を見て、保育料をなくし、私と前妻が働く事に・・
しかし前妻が家にお金を入れる事はほぼありませんでした。
4人分の生活を私一人の給料で賄わなければならなくなりました。
なぜ前妻がお金を入れなかったのか、派遣のため「休みが多かったから給料が少ない」とか言ってました。

定期的な収入は私一人、自由なお金なんてありません。
仕事帰りに買い物をし、帰ったら夕飯を作り、息子と一緒にお風呂に入れ寝かしつける。

それでもまだ我慢出来たのは「息子のため」でした。

離婚のきっかけ

その頃私が勤めていたのはホテル業。ホテル業ですから夜勤、宿直があるんです。
一晩ホテルに泊まります。月に4~5回くらいでしょうか。

ある宿直の晩、連れ子から電話がかかってきたんです。
かなりキレ気味でした。内容は
「前妻が帰ってこない」という事でした。

その後話しを聞くと、私が宿直の日は必ず出かけ、朝まで帰ってこないというのです。
また平日、普通に家に帰ってくれば6時前には帰れるはずが私が家に帰る夜8時ギリギリまで帰ってくる事はなく、私がいない間は連れ子がほぼ息子の面倒をみていたというのです。
前妻の行為を黙っていたのは多少なりの「口止め料」をもらっていたからだそうです。
それでも電話があった日、以前から予定があったにも関わらず、息子を押し付けられて限界が来たという事でした。

私は連れ子に申し訳ない気持ちと前妻に対する怒りが一気に噴き出したのですが、バレた事に気付いた前妻はそのまま帰ってきませんでした。

家にはお金を入れない、でも遊びに行くお金はある、家事はしない、息子の面倒は私が見ていないと連れ子に押し付ける。
家族にどれだけ迷惑が掛かっても都合が悪くなれば逃げる。
母親としても妻としても最低な行為だと思いました。
「離婚」を本気で考えた一瞬でした。